ガタガタ歯(叢生)・開咬を治したい

ガタガタ歯(叢生)の治療

ガタガタ歯(叢生)とは

叢生とはガタガタの歯(乱ぐい歯)と呼ばれる歯が生える位置・方向が乱れた歯並びは「叢生(そうせい)」と言われています。八重歯もこれに含まれます。咬み合わせが乱れているため、特定の歯に過度な負担がかかり、歯の寿命が縮まったり、食べかすが詰まりやすくなって、虫歯・歯周病リスクが高まったり、口臭の原因となったりする場合があります。また、歯列がガタガタの状態なので、見た目も良くないといえます。

ガタガタ歯(叢生)の原因

叢生の原因主な原因として、顎と歯の大きさのアンバランスが挙げられます。歯の大きさに対して、顎が小さいため、永久歯が正しい位置・方向に並ぶためのスペースが確保できず、歯がガタガタに並んでしまいます。そのほか、虫歯になって乳歯を抜歯することで、永久歯が間違った箇所から生え、それが原因で叢生になるケースもあります。また、指しゃぶり、舌癖(舌で歯を押すなど)などの口腔習癖も原因となります。近年では、頬杖やうつぶせ寝など、顔の外から歯にかかる力も、歯ならびに影響すると言われています。

ガタガタ歯(叢生)の治療方法

子どもの場合

顎の骨が成長過程にあるお子様の場合には、上あごは骨を拡大する装置を使い、下あごは内側に倒れた歯をおこすようにして、歯が正しい位置・方向に並ぶためのスペースを確保します。また大臼歯(奥歯)を後ろに移動させることでも、スペースを確保できます。

大人の場合

大人の場合、すでに顎の骨の成長は終わっているため、顎の骨を拡大する装置を使うことはありません。まずは内側に倒れた歯をおこしたり、奥歯を後ろに移動させることで、歯が正しい位置・方向に並ぶためのスペースを確保します。

それでもスペースが足りないときは、軽度の場合は支障のない範囲で歯を削り、重度の場合は抜歯を行なってスペースを作り出します。そのためには正しい診断が必要で、最初から抜歯するしないが決まっているわけではありません。

患者様のご希望により、ブラケットを使った矯正やマウスピース型カスタムメイド矯正装置(例:インビザライン)などで歯ならびを改善していきます。

ガタガタ歯(叢生)の症例解説

歯が一列に並ぶことが出来ず、歯列の内側や外側に飛び出して生えている状態。

叢生

叢生

【概要】 初診時12才男の子。顎を拡大することも検討しましたが、平均的な日本人より小顔にも関わらず、歯の幅は著しく大きかったため、犬歯が生えるのを待ち、小臼歯を4本抜歯して、マルチブラケット装置で治療しました。

※治療に用いた装置や治療方法は一例であり、全ての症例に当てはまるわけではありません。

開咬(オープンバイト)の治療

開咬とは

開咬とは開咬とは、奥歯が咬み合っている時でも、上下の前歯に隙間がある状態のことです。前歯でものが噛み切れず、胃腸に負担がかかる場合があります。そのほか、サ行、タ行、ラ行などが発音しにくくなる、ブラッシングしづらく、お口の中が乾燥しやすいことから、虫歯・歯周病リスクが高まる、口臭の原因となるなど、様々な悪影響がおよぶことがあります。

開咬の原因

開咬の原因主な原因として、子どもの頃の指しゃぶり、舌癖(舌で歯を押すなど)などの口腔習癖が挙げられます。そのほか、鼻の病気や扁桃腺肥大が原因で起こるケースもあります。

開咬の治療方法

子どもの場合

お子様の開咬は、指しゃぶりや舌癖(舌で歯を押すなど)などの口腔習癖が原因で起こっていることが多いです。舌が収まるための口の中の空間(舌房:ぜつぼう)を拡げるために拡大装置や、習癖除去の矯正装置を使いながら、お口まわりの悪い癖の改善を訓練します(筋機能療法)。保護者様にも、普段の悪い癖を治すためにご協力をいただきます。開咬は、鼻の病気が原因で起こることもありますので、そうしたケースが疑われる場合には、耳鼻咽喉科の受診をおすすめしています。

大人の場合

大人の方に関しては、軽度の開咬の場合、ブラケットだけでの矯正で改善をはかれますが、重度の開咬の場合、外科手術を併用する場合が多いです。最近では、インプラント矯正によって、外科手術を避けることもできるようになってきました。マウスピース型矯正(インビザライン)も、開咬の治療に向いています。

開咬の症例解説

噛んでも奥歯しか当たらず、前歯が開いている状態。

開咬

開咬

【概要】 初診時28才女性。上下の歯が、奥歯でしか当たらない状態でした。 根っこの治療を受け、金属の差し歯をかぶせた第一大臼歯を抜いて、 健康な第三大臼歯(親知らず)を代わりに活かして治療しました。プレート型とネジ型のアンカースクリューとマルチブラケット装置を使用しました。※治療に用いた装置や治療方法は一例であり、全ての症例に当てはまるわけではありません。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る