歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療とは

インプラント矯正とは歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療は、ネットなどではインプラント矯正と呼ばれていますが正式な用語ではありません。国際的には TAD (Temporary Anchorage Device)と呼ばれています。歯科矯正用アンカースクリューは直径1.3~2.0mmのチタン製スクリューです。

歯科矯正用アンカースクリューは歯ぐきを切開することなく骨に植立し、それを固定源として使用します。植立のときは麻酔を使用します。歯科矯正用アンカースクリューは治療後には外し、傷も目立たなくなりますのでご安心ください。

歯科矯正用アンカースクリューを固定源とすることで、これまでの矯正治療では動かすのが難しかった歯の方向へ歯を移動させることが可能となります。結果的に抜歯が必要とされた歯ならびの方にも、非抜歯で矯正できる可能性が高まります。

このような方に行います

歯ならび全体を後方に動かすことで、スペースが確保できる

歯科矯正用アンカースクリューを使い、歯ならび全体を後方に移動させることで、歯がならぶスペースを確保できます。これまで小臼歯を抜歯して治療したケースでも、抜歯しなくてすむことがあります。

ガミースマイル(笑った時に歯茎が目立つ状態)

歯科矯正用アンカースクリューを使って上の前歯を上方へ引き上げると、笑った時に歯茎が目立たなくなります。

顎外装置(ヘッドギアなど)をつける時間がない

小臼歯を抜歯して治療する場合、抜歯した隙間は前歯・犬歯のために利用することがほとんどです。

そのためには大臼歯から前歯や犬歯を後ろに向かって引っ張るのですが、大臼歯を動かさないために着脱式の顎外装置(口の外につけます)が必要なときがあります。成人はもちろん、中学生以上になると、装置をつける時間が取れない方が多くなります。

代わりに歯科矯正用アンカースクリューを使うと、患者様のご協力なしで大臼歯を動かさないことが可能になります。

 

歯科矯正用アンカースクリューのメリット・デメリット

メリット

従来の矯正治療よりも治療の選択肢が増える

歯科矯正用アンカースクリューを固定源とすることで、これまでの矯正治療では動かすのが難しかった歯の方向へ歯を移動させることが可能となります。

非抜歯で矯正できる可能性が高まる

歯科矯正用アンカースクリューを使えば、抜歯が必要な歯ならびに対しても非抜歯で治療できる可能性が高くなります。

患者様のお手間の軽減に

歯科矯正用アンカースクリューを使うことで、従来の矯正治療では患者様自身でつけ外しする装置(例:ヘッドギア)を併用することがあります。つけ外しする装置は、睡眠時間を含め1日のうち10時間程度の装着が必要なこともあり、特に成人の方が装着時間を確保することは難しく、治療が予定よりも進まないこともありました。歯科矯正用アンカースクリューは、こういった着け外しする装置の代わりになります。また装置着脱の煩わしさからも解放されます。

動かしたい歯だけ動かせる

歯科矯正用アンカースクリューを固定源とすることで、動かしたくない歯を動かさずに済み、動かす必要のある歯だけを動かすことができます。

デメリット

簡単な外科処置が必要

固定源とする歯科矯正用アンカースクリューを植立するために処置が必要となります。当院で平均15分ほどの施術です。

歯科矯正用アンカースクリューの周りで炎症が起こることも

適切にケアしないと、植立した歯科矯正用アンカースクリューの周りで炎症が起こる場合があります。

再埋入の可能性がある

十分注意していても、顎の骨の厚みなどが原因で植立した歯科矯正用アンカースクリューが緩んだり、抜け落ちたりする場合があります。そうした時には再植立が必要となります(追加費用は必要ありません)。またどうしても生着が悪い場合は、従来の装置で対応することがあります。

歯科矯正用アンカースクリューのよくある質問

歯科矯正用アンカースクリューはどんな方に行いますか?

歯科矯正用アンカースクリューはどんな歯ならびの方にも使用できます。

従来の抜歯治療対象の方を歯を抜かずに治療する場合、つけ外しする装置をする時間が取れない方、骨格的な問題を外科手術せずに解決できる方に有効です。

歯科矯正用アンカースクリューを植立する時、痛みはありますか?

植立時には麻酔を実施しますのでご安心下さい。撤去するときは無麻酔で大丈夫です。院長自身も患者として歯科矯正用アンカースクリュー経験者です。

植立後、痛みや腫れはありますか?

歯科矯正用アンカースクリューを植立する位置によっても異なりますが、痛みや腫れが起こるケースはほとんどありません。

植立したアンカースクリューは目立ちますか?

目立ちにくい位置に植立しますので心配ありません。

治療終了後、アンカースクリューはどうなりますか?

治療終了後、歯科矯正用アンカースクリューは撤去します。歯科矯正用アンカースクリューの大きさは直径1.3~2.0ミリ程度なので、撤去後の傷口もすぐに目立たなくなります。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る