すきっ歯を治したい

すきっ歯とは

すきっ歯とは乳歯の隙間は特に問題はありません。永久歯が生えそろっても、隙間がある状態が続くようであれば、咬み合わせが乱れ、歯1本1本に負担がかかり、歯の寿命が縮まる、歯の隙間に食べかすが詰まり、虫歯・歯周病リスクが高まるなど、様々な悪影響がおよぶ場合があります。

すきっ歯の原因

すきっ歯の原因歯が小さい、形が悪いなどの遺伝により、すきっ歯になる場合があります。後天的な原因としては、舌癖(舌で歯を押すなど)などが挙げられます。

すきっ歯の治療方法

子どもの場合

子どもの場合お子様のすきっ歯に対しては、出来る限りお友だちから見えないように改善をはかるほか、上唇小帯(唇の裏から歯茎へ向かって伸びている繊維性のひだ)が歯の間に入り込み、隙間を作っている場合には、ひだを伸ばす手術が必要です。主に病院の口腔外科で行われますが、外来で日帰り処置できます。

大人の場合

大人の場合大人の方は、ブラケットを使って歯の隙間をなくします。

大人の場合症例によっては「インビザライン」などの装置が目立たないマウスピース型カスタムメイド矯正装置や裏側矯正が可能なケースもあります。

また上記以外の方法でも、すきっ歯を改善することが可能な場合もございますので、一度ご相談ください。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る