すきっ歯を治したい

すきっ歯とは

乳歯のすきっ歯は生理的空隙(霊長空隙)と発育空隙があり、健全な乳歯の歯ならびに多く見られます。

永久歯が生えそろった後で隙間がある状態が続くと、隙間に向かって歯が倒れることで歯1本あたりの負担が大きくなります。

すきっ歯の治療方法

子どもの場合

子どもの場合お子様のすきっ歯に対しては、出来る限りお友だちから見えないように閉じるようにします。ただし上唇小帯(唇の裏から歯茎へ向かって伸びている繊維性のひだ)が歯の間に入り込み、隙間を作っている場合には、ひだを伸ばす手術が必要です。主に病院の口腔外科で行われますが、外来で日帰り処置できます。

大人の場合

大人の場合大人の方は、ブラケットあるいはマウスピース型矯正装置(インビザライン)*を用いて治療します。

*完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

 

 

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る