過蓋咬合(ディープバイト)を治したい

過蓋咬合(ディープバイト)とは

過蓋咬合過蓋咬合とは、正面から下の前歯が見えないくらい上の前歯が深くかぶさった不正咬合のことです。ディープバイトとも呼ばれます。ガミースマイル(笑った時に上の歯ぐきがむき出す)の方が多いのも特徴の一つです。

下の前歯が、上の前歯の内側の歯ぐきを傷つけることもあります。

過蓋咬合の治療方法

子供の場合

成長過程にある顎の骨をコントロールして改善をはかります。機能的矯正装置、咬合挙上板、咬合斜面板などの矯正装置を使用して、かみ合わせを浅くする治療を行います。

大人の場合

大人の場合マルチブラケット法などワイヤーを使った矯正装置やマウスピース型矯正装置(インビザライン)*を使用して、深いかみ合わせの改善をはかります。ガミースマイルの方には歯科矯正用アンカースクリューを用いて改善をはかることもあります。
*完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

 

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る