ホワイトワイヤーでのブラケット治療

ホワイトワイヤーでのブラケット治療とは

ブラケット治療とは

ブラケット治療とは、歯の表側に「ブラケット」と呼ばれる装置を取り付け、ワイヤーを通して歯を動かす方法で、最も一般的な方法です。お口を開けて笑った時などに、装置が見えることを心配される方もおられるかと思いますが、当院では、ホワイトワイヤーと小臼歯まで白いブラケットを採用することで、装置を目立たせずに治療を行っています。

ホワイトワイヤーとは

ホワイトワイヤーとはホワイトワイヤーとは、金属のワイヤーの表面を白色でコーティングした、目立たないワイヤーです。お口を開けた時に、矯正装置の金属色がギラギラと目立つことに抵抗がある方や、営業職や販売業など、人前でお話しする機会の多い方などに選ばれています。このホワイトワイヤーと白いブラケットを組み合わせることで、口元の審美性を心配することなく、矯正治療が受けられるようになります。

このような方におすすめ

このような方におすすめ

  • できるだけ装置を目立たせたくない方
  • 営業職や販売業など、人前でお話しする機会の多い方
  • 「インビザライン」などのマウスピース型カスタムメイド矯正装置が適応とならなかった方
  • 費用を抑えて治療を受けたい方

など

このような方は是非、当院までご相談下さい。

ホワイトワイヤーでのブラケット治療のメリット・デメリット

メリット

金属色がないので、ぎらつきが少ない

ホワイトワイヤーは、金属ワイヤーに比べ光を反射することが少ないため、ぎらつきが少ないことが特長です。

治療効果は金属ブラケットと変わらない

以前は金属ブラケットに比べ、白いブラケットはワイヤーとの摩擦が大きいことや、歯を動かすために曲げたワイヤーの力を歯に伝えにくいなどの欠点がありました。現在の白いブラケットは改良が重ねられ、治療効果が金属ブラケットと変わらなくなりました。

 

デメリット

装置が見える

透明なマウスピースを使うマウスピース型カスタムメイド矯正装置や、歯の裏側に装置を付ける裏側矯正と比べて、歯の表側につけるブラケット治療は見えます。当院では、ホワイトワイヤーを選ばれなかった方にも、上下の前歯は白いブラケットを使うことで、審美性に配慮しています。

違和感が生じる場合も

ブラケット治療では、ブラケットやワイヤーなどを使用するため、「インビザライン」などのマウスピース型カスタムメイド矯正装置と比べると、違和感が生じやすいといえます。

種類が少ない

ホワイトワイヤーは、通常の金属ワイヤーに白いコーティングをしているため、金属ワイヤーよりも価格が高く、術者が選べる金属の材質も限られます。また、メーカーにより白さに違いがあります。

ホワイトワイヤーでのブラケット治療のよくある質問

装置は目立ちませんか?

「インビザライン」などのマウスピース型カスタムメイド矯正装置や、裏側矯正と比べると装置は見えやすいといえます。当クリニックでは、ホワイトワイヤーと小臼歯まで白いブラケットを採用することで、装置を目立たせずに治療を行っています。

色落ちはしませんか?

ホワイトワイヤーは、通常の金属ワイヤーに白いコーティングをしているため、白色が剥げてしまうことがありました。最近はメーカーのコーティング技術が向上し、色が剥げることはほとんどなくなっています。

治療の初めから終わりまでホワイトワイヤーの白色は一緒ですか?

メーカーによって白さが異なります。当院では、治療の進み具合に応じて、ホワイトワイヤーを選んでおりますので、全てが同一の白色ではありません。ご了承ください。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る