八重歯を治したい

八重歯とは

八重歯とは八重歯とは、犬歯が周りの歯列から飛び出し、隣の歯と重なるように生えている歯のことで、「叢生」の一つです。八重歯に対して、「かわいい」というイメージが持たれる向きもありますが、欧米では、悪魔をイメージすると言われており、日本では「鬼歯」と言われています。お名前は出せませんが、かつて「八重歯がかわいい」と評された芸能人の方でも、いつの間にか治していることがあります。八重歯は、咬み合わせの乱れ、虫歯・歯周病リスクが高まる、口臭の原因となる他、笑ったときに上唇が過度にめくれて、ほうれい線が目立つ方もいます。

八重歯の原因

八重歯の原因顎の大きさと永久歯の幅の調和がとれていないため、スペースが足りず、後から生えてきた犬歯が八重歯になる場合があります。そのほか、虫歯にかかって乳歯を抜歯することで、永久歯が間違った箇所に生え、それが原因で八重歯になるケースもあります。

八重歯の矯正方法

子どもの場合

お子様の八重歯に対しては、成長過程にある上顎の骨を拡大することや、奥歯を後ろに動かすことで、八重歯を正しい位置に導きます。この場合、抜歯せずに治療を行うケースもあります。

大人の場合

八重歯を正しい位置に収めるためのスペースを確保することを考えます。

歯列を拡大する、奥歯を後ろに動かす、それぞれの歯の両横を少量だけ削る、重度の場合には抜歯をすることがあります。

ブラケット治療や「インビザライン」などのマウスピース型カスタムメイド矯正装置や、それらにアンカースクリュー使った矯正などで歯並びを改善していきます。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る