裏側矯正(歯の裏側に装置をつける矯正)

裏側矯正(歯の裏側に装置をつける矯正)とは

歯の裏側にブラケットを付ける方法です

歯の裏側に装置を付ける方法です裏側矯正とは、歯列の表側ではなく、裏側にブラケットを装着する方法です。「舌側矯正」「リンガル矯正」と呼ばれることもあります。ブラケット装置が歯の裏に隠れるので、目立たないのが裏側矯正の大きなメリットです。また、歯の裏側には唾液腺が集まっているので、唾液の殺菌作用により虫歯になりにくいとされています。

裏側矯正の種類

裏側矯正には、「フルリンガル」と「ハーフリンガル」という2つの種類があります。患者様の歯並びの状態や、ご要望などに応じて、最適なものをご提案させて頂きます。

フルリンガルとは

上下の歯列とも、裏側に矯正装置を装着する方法です。装置が表から見えませんが、舌が装置に触れて違和感や、喋りにくさを感じたりすることがあります。また、費用も時間もかかることになります。

ハーフリンガルとは

笑った時、装置が目立ちやすい上の歯列にだけ、裏側から矯正装置を装着させて、下の歯列は表側から装着させる方法です。下の歯列の装置は表から見えやすくなりますが、舌が装置に触れないので、違和感が抑えられます。また、上下の歯列とも、裏側から装置を付けるのと比べて、期間も費用も抑えられます。

このような方におすすめ

このような方におすすめ

  • 矯正装置が目立つのが嫌で、矯正治療を諦めてしまっている方
  • 絶対に矯正装置を目立たせたくない方
  • 接客や営業など人前に出る仕事をしている方
  • 結婚式、同窓会、成人式などを控えているので、矯正装置を目立たせたくない方
  • 矯正治療中の虫歯が心配な方

など

表側矯正と裏側矯正の違い

  表側矯正 裏側矯正
口元の見た目 装置の種類によっては、目立つ場合がある 歯で隠れるので見えない
矯正期間 矯正期間には、基本的に大きな差はないとされている
歯並びの仕上がり 基本的に大きな差はないとされている
虫歯リスク 装置でブラッシングが阻害されるため、虫歯リスクが高まる 歯の裏側には唾液腺が集まっていて、唾液の殺菌作用により虫歯になりにくいとされている
違和感 装置の種類によっては、違和感を覚えることもあるが、徐々に慣れることができる 舌が装置に触れるので、違和感や、喋りにくさを感じることがある
食事 装置の種類によっては、食べにくさを感じることもあるが、徐々に慣れることができる 表側矯正と比べて、食べにくさを感じやすいとされている
費用 毎回の処置や治療時間の違いから、裏側矯正の方が費用がかかる

裏側矯正(歯の裏側に装置をつける矯正)のメリット・デメリット

メリット

表から装置が見えない

裏側矯正の場合、歯の裏に隠れるので、表から装置が見えません。営業職や販売業などの人と接することが多いお仕事をされている方や、アナウンサーやモデルなど、人前に出るお仕事をされている方でも、安心して治療が受けられます。

虫歯リスクが低減できる

歯の裏側には唾液腺が集まっているので、唾液の殺菌作用により、表側矯正と比べて、虫歯になりにくいとされています。ただし、まったく虫歯にならないというわけではありませんので、表側矯正、裏側矯正にかかわらず、入念なケアは大切です。

印象採得(歯型取り)にともなう患者様の負担が軽減できる

裏側矯正においても、新型の口腔内スキャナー「iTero element(アイテロエレメント)」によって、歯型取りにともなう患者様の負担が軽減できます。

デメリット

違和感を覚えることがある

裏側矯正の場合、舌が装置に触れるため、痛み、喋りにくい、食事が食べにくいなどの違和感を覚えることがあります。ただし、患者様によって差があり、数日で慣れる方もおられれば、1~2週間程度かかる方もおられます。

費用がかかる

裏側矯正の場合、患者様お一人おひとりの歯の裏側の形状に応じて、オーダーメイドの装置を作製しなければならず、毎回の処置や治療時間もかかるため、表側矯正よりも費用がかかります。

「費用を抑えて裏側矯正を受けたい」ということでしたら、笑った時に目立つ上の歯列だけ裏側に矯正装置を装着させて、下の歯列は表側から装着させる「ハーフリンガル」がおすすめです。こちらなら、通常よりも期間も費用も抑えられます。

裏側矯正(目立たない矯正)のよくある質問

裏側矯正はどの歯科医院でも受けられますか?

歯科医院によっては、受けられない場合があります。

裏側矯正は誰でも受けられますか?

表側矯正で治療できる歯ならびに関しては、裏側矯正でも対応することが可能です。

表側矯正よりも治療期間はかかりますか?

表側矯正と裏側矯正を比べた場合、矯正期間に大きな差はないとされています。

表側矯正よりも仕上がりが劣ったりしませんか?

表側矯正と比べて大きな差はないとされています。

裏側矯正は費用がかかりますか?

裏側矯正では、オーダーメイドの装置を作製するなどの理由により、表側矯正よりも費用がかかってしまいます。しかし、「ハーフリンガル」という方法で、費用を抑える裏側矯正を受けることも可能です。費用面が気になる方は、お気軽にご相談下さい。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る