コラム

2024.03.08

インビザライン矯正中に違和感を覚えたときの対処法を解説!

こんにちは。神戸市垂水区にある歯医者「ふじよし矯正歯科クリニック」です。

インビザラインに違和感のある女性

インビザライン矯正は、目立たず痛みが少ない歯列矯正として人気を集めており選ぶ方が増えています。

しかし、インビザライン矯正中に違和感を覚える方も少なくありません。インビザライン矯正中に違和感があると、不安になることや、最後までインビザライン矯正を続けられるか心配になることもあるでしょう。

今回は、インビザライン矯正中の違和感について詳しく解説します。違和感を覚えたときの対処法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

インビザライン矯正中はどのような違和感を覚えやすい?

インビザライン矯正中に違和感を感じる女性

インビザライン矯正中の違和感は人によって異なりますが、以下の5つの違和感を覚えやすいです。

・マウスピースに慣れない
・歯が締め付けられるような感覚がある
・噛み合わせが合わない
・吐き気がする
・歯ぐきが痛む

詳しく解説します。

マウスピースに慣れない

インビザライン矯正を開始し、初めてマウスピースを装着したときに違和感を覚える方は多くいらっしゃいます。インビザラインで使用するマウスピースはとても薄いものですが、お口の中は敏感なので違和感を覚えることがあるのです。

これから毎日装着できるのか不安に思うかもしれませんが、ほとんどの方が3日~1週間ほどで違和感を覚えなくなるので安心してください。

歯が締め付けられるような感覚がある

インビザライン矯正中は、歯が締め付けられているような違和感を覚えることがあります。マウスピースを装着すると、歯を動かしたい方向に大きな力が加わるからです。

これは歯が動いている証拠でもあるため、インビザライン矯正において正常な反応です。この違和感も2~3日ほどでなくなることが多いので心配ありません。

噛み合わせが合わない

インビザライン矯正中は、噛み合わせが合わない感覚や、噛み合わせが高く感じることがあります。インビザラインで使用するマウスピースはとても薄く、1枚0.5mm程度です。

しかし、上下の歯にマウスピースを装着すると1mmほどの厚さが生まれるため、噛み合わせが高く感じるなどの違和感を覚えることがあります。この違和感も3日~1週間ほどで慣れてくるでしょう。

吐き気がする

インビザライン矯正のマウスピースを装着することにより、嘔吐反射で吐き気がする方がいらっしゃいます。インビザライン矯正で使用するマウスピースはとても薄いため、嘔吐反射は起きにくいですが、もともと嘔吐反射が強い傾向にある方は吐き気がする可能性があります。

マウスピースを少し短くカットしたり削ったりすることで違和感を少なくできます。吐き気がする場合は歯科医師に相談して対処してもらいましょう。

歯ぐきが痛む

インビザライン矯正中に歯ぐきが痛む場合があります。原因はマウスピースの縁が歯ぐきに当たっている場合が多く、この場合はマウスピースの縁を少し削ることで違和感が解消されます。

ただし、自分でヤスリなどを使用して削ることは難しいため、歯科医師に相談して調整してもらいましょう。マウスピースを調整しても歯ぐきの痛みが消えない場合は、歯周病が原因の可能性も考えられるので検査を受ける必要があります。

インビザライン矯正中に違和感を覚えやすいタイミング

インビザラインを始めたイメージ

インビザライン矯正中は、以下の5つのタイミングで違和感を覚えやすいです。

・治療を始めたとき
・マウスピースを交換したとき
・マウスピースの装着を怠っていたとき
・アタッチメントをつけたとき
・マウスピースを外したとき

詳しく解説します。

治療を始めたとき

インビザラインの治療を始めたときは、誰でも違和感を覚えるでしょう。初めは違和感があっても、しっかりと装着を続けていれば1週間ほどで慣れて違和感はなくなります。

マウスピースを交換したとき

インビザライン矯正では、歯並びに合わせて10日~2週間に一度新しいマウスピースに交換しながら歯を動かしていきます。

新しいマウスピースは今よりも少し歯並びが整った状態のマウスピースであり、今の歯の位置と差があるため違和感が生じます。歯が計画通りに動き、マウスピースに合うようになると違和感は治まります。

マウスピースを交換したときは毎回違和感が生じますが、歯並びが整ってくると改善されるでしょう。

マウスピースの装着を怠っていたとき

インビザライン矯正では、マウスピースの装着を数日怠ると、久しぶりに装着したときに違和感を覚えます。

もとの歯並びに戻ろうとする力が働くため、数日マウスピースを装着していないだけで歯が少しずつ元の位置に戻ろうと動きます。そのため、マウスピースと歯並びの差が生じて違和感が出るのです。

インビザライン矯正は、1日20時間以上マウスピースを装着しなければなりません。基本的に食事や歯磨きを行う時間以外は装着することが推奨されています。マウスピースの装着を怠ることは、計画通りに治療が進まなくなる原因にもなるため注意が必要です。

アタッチメントをつけたとき

アタッチメントとは歯につける小さな突起物で、歯の向きを細かく調整する場合などに使用します。インビザライン矯正におけるアタッチメントは、歯並びを整える過程で重要な役割を持ちます。

アタッチメントをつけた当初は違和感が出ますが、数日で慣れることが多いでしょう。

アタッチメントが口の中の粘膜に当たって、口内炎や痛みが出る場合もあります。その場合は歯科用ワックスなどを使用して突起物を覆って保護しましょう。

歯科用ワックスは歯科医院で販売されていることが多いので、歯科医師に相談してみましょう。

マウスピースを外したとき

インビザライン矯正は、マウスピースを1日のほとんどの間、装着して過ごします。そのため、治療に慣れてくるとマウスピースを外したときに違和感を覚えることがあります。

マウスピースを装着しているときと外しているときには噛み合わせの差が生まれますが、歯並びが整ってくると外したときの違和感も少なくなるでしょう。

インビザライン矯正中の違和感が続く期間

インビザライン矯正中の違和感が続く期間イメージ

ここまで解説してきたように、インビザライン矯正中の違和感にはさまざまな理由があります。インビザライン矯正を始めたときや新しいマウスピースに交換したとき、アタッチメントを付けたときなどに違和感を覚えることは避けられません。

しかし、その違和感が続く期間は3日から長くても1週間程度です。痛みがずっと続くわけではなく、日にちが経てば治まります。1週間以上痛みや違和感が続く場合は、ほかに原因がある可能性があるので放置せずに歯科医師に相談しましょう。

インビザライン矯正中に違和感を覚えたときの対処法

薬を飲む若い女性

インビザライン矯正中に違和感を覚えたときの対処法は、以下の3つです。

・マウスピースを外す時間を作る
・痛み止めを服用する
・硬い食べ物を避ける

詳しく解説します。

マウスピースを外す時間を作る

インビザライン矯正を始めてすぐは痛みに慣れていないため、数時間ごとにマウスピースを外して徐々にマウスピースの違和感に慣れていくことが大切です。

ただし、装着時間を大きく減らすことは避けてください。治療が失敗してしまう可能性があるため、あくまで少し休憩するような感覚でマウスピースを外す時間を作りましょう。少なくとも1日20時間はマウスピースを装着する必要があります。

痛み止めを服用する

どうしても痛みが我慢できない場合は痛み止めを服用しましょう。可能であれば、歯科医院で処方してもらった痛み止めを使用してください。

市販の痛み止めでも効果はありますが、歯の移動を遅らせる可能性がある成分が入っていることがあります。一時的に使用するだけなら問題ありませんが、できれば歯科医院で処方してもらった痛み止めを服用しましょう。

また、痛み止めは用法容量を守って正しく服用することが大切です。

硬い食べ物を避ける

インビザライン矯正は、食事の際はマウスピースを外すため食べ物を噛むときに痛みがでることは少ないです。

しかし、硬い食べ物を噛んだときに痛みを感じることがあります。インビザライン矯正中は、歯の根っこにある歯根膜が敏感になっているためです。

痛みや違和感が強い日は、硬い食べ物を避けて食べやすいものを選びましょう。

まとめ

インビザラインのマウスピース矯正をつける女性

インビザライン矯正は、歯列矯正の中でも痛みが少ないといわれています。

ただし、歯が動くことには痛みを伴うため、全く違和感が出ないわけではありません。インビザライン矯正を始めたときや、マウスピースを交換したときに違和感を覚えることが多いことを理解しておきましょう。

インビザライン矯正の違和感は3日~1週間程度で治まるため、不安になることはありません。痛みが我慢できない場合は痛み止めを服用する、治療に影響がでない程度にマウスピースを外すなどして対応しましょう。

痛みが1週間以上続く場合はほかの原因が考えられるため、歯科医師に相談することも大切です。

インビザライン矯正を検討されている方は、神戸市垂水区にある歯医者「ふじよし矯正歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。