2023.12.28

顎間(がっかん)ゴムについて

歯医者さんでの歯科治療のイメージは、みなさんどういうイメージをお持ちですか?例えば、虫歯などで歯を削られる・歯周病などで歯を抜かれるなどのように歯に対する“される”ことが多いですが、矯正治療は、装置を付ける・歯型を採る・矯正の装置を調整するなどの矯正装置に対する“される”ことがあります。患者様自身が渡された可撤式矯正装置(自分で取り外しができる矯正装置)などを決められた時間使用するなど、“する”という患者様のご協力が必要であり、矯正歯科治療においてとても重要になります。
その患者様自身にご協力していただくことの中から、今回は「顎間(がっかん)ゴム」についてお話していきたいと思います。

顎間ゴムとは、小さな医療用のゴムであり、歯を動かしたり、かみ合わせを調整するための補助装置として使用されています。顎間ゴムは、「エラスティックゴム」や「ゴム掛け」とも呼ばれています。顎間ゴムは、上と下のかみ合わせを調整したり、前歯を引っ込めたりする時などに使用され、上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)、開咬などのさまざまな歯並びやかみ合わせで使用されています。
そして、歯並びやかみ合わせの状態によってゴムの掛ける位置やゴムの種類も変わります。矯正力はゴムの太さやリングの直径で異なります。しかし、歯並びやかみ合わせによって顎間ゴムを使用しない方もいますが、顎間ゴムを使用している方は多くいます。
顎間ゴムは、ワイヤー矯正治療やマウスピース型矯正治療(インビザライン)でも使用されます。

○顎間(がっかん)ゴムの種類

顎間ゴムは、Ⅱ級ゴム・Ⅲ級ゴム・垂直(すいちょく)ゴム・交叉(こうさ)ゴムなどがあります。

Ⅱ級ゴム:上顎前突(出っ歯)症例に用い、上の犬歯部付近から下の大臼歯部(奥歯)付近に掛けることが多く、上の前歯を後方に引くよう歯を動かします。

Ⅲ級ゴム:下顎前突(受け口)症例に用い、下の犬歯部付近から上の大臼歯部(奥歯)付近に掛けることが多く、下の歯を後方に引くよう歯を動かします。

垂直ゴム:開咬(かいこう)(オープンバイト)という奥歯は咬み合っているが前歯が咬み合っていない症例や上下の歯のかみ合わせが咬み合っていない症例に用い、上と下に垂直に掛けて咬み合わせの緊密化をはかります。トライアングルのように三角形でゴムを引っ掛けることもあります。

交叉(こうさ)ゴム:交叉咬合(こうさこうごう)という上下の歯の咬み合わせが左右にずれている症例に用い、上と下の歯の表側と裏側で咬合面を越えてクロスになるように掛けます。

○使用時間

顎間ゴムは、長時間装着することがとても重要であり、食事と歯磨きの時以外は毎日必ず装着してください。使用する時間が少ないと歯は動かず、力の反作用で歯が後戻りしてしまいます。使用する時間が少なく、患者様のご協力度が低い場合は矯正治療期間が長引いてしまうことがありますので、必ず主治医の指示に従って行うようにお願いいたします。

○交換頻度

1日1回は新しいゴムに交換してください。
同じゴムを使い続けると、ゴムが劣化し、伸びたり、切れてしまうことがあります。そのため、矯正力が半減し効力がなくなるため、毎日1日1回は新しいゴムに交換するようにしてください。
また、外したゴムを再度つけることに抵抗がある場合は、毎食後新しいゴムに交換していただいても大丈夫です。

○ゴムの掛け方

ワイヤー矯正治療の場合

ワイヤー矯正治療の方は、ワイヤーやフックなどに引っ掛けます。

マウスピース型矯正治療(インビザライン)の場合

インビザライン矯正治療の方は、プレジションカットというアライナーに切り込みが入っている部分にゴムを引っ掛けたり、歯に直接ボタンを装着しボタンにゴムを掛ける方法があります。

Ⅱ級ゴムやⅢ級ゴムの場合は、後方から前方に掛けていただくと掛けやすいです。
奥歯は見にくく、頬を引っ張らないと見えない場合が多いため、後方から前方に掛けるのが比較的掛けやすいです。指でも掛けることはできますが、指では困難な方は“エラスティックホルダー”というゴムを掛ける専用の道具を使用していただきます。先端にゴムを引っ掛ける部分があるのでそこにゴムを引っ掛けてゴムを掛けていただきます。

ただし、ゴムを掛ける際は大きなお口を開けるとゴムの掛ける距離が長くなり、突然ゴムが外れることがあります。そして、ゴムが掛かった状態で大きなお口を開けると顎に負担がかかるため、なるべく大きなお口を開けないよう注意してください。
もし、ゴム掛けで顎関節が痛い、音が鳴るといった症状が出た場合は、すぐに当院へご連絡をお願いいたします。また、ゴムが頬(ほほ)の内側にこすれて口内炎になることがあります。通常の口内炎の対処法として透明に近いワックスをお渡ししていますが、ゴムにワックスを付けるのは難しいため、この場合も当院へご連絡をお願いいたします。

初めてゴムを掛ける方やゴムを掛ける位置が変わった場合、当院では必ずゴムを掛ける練習を行いますのでご安心ください。最初は鏡を見ながらゴム掛けを行いますが、慣れると鏡無しでゴムを掛けられるようになります。ゴム掛けは、ゴムの掛ける場所・ゴムの種類・ゴムの掛ける時間を主治医の指示に必ず従うようにお願いいたします。治療時に新しいゴムをお渡ししていますが、次の診療日までに使い切ってしまった場合は、当院にご連絡をお願いいたします。受付でご用意しておきます。
ゴムを掛けると見た目が気になったり、話しづらかったり、掛けるのが面倒くさくなったりします。しかし、ゴム掛けは矯正治療を進めていくうえで重要な役割であり、ゴムを長時間掛けていただくことによって矯正治療の成功に近づきます。そのためには患者様のご協力が必要になります。

ゴム掛けについてご不明点やご相談がありましたら、来院の際スタッフにお気軽にお声掛けまたは当院へご連絡をお願いいたします。

2023.12.14

歯並び専門の矯正歯科医院とは

今回は、歯並び専門の矯正歯科医院についてお話していきます。歯が痛くなったり、虫歯の治療後に被せている詰め物(銀歯)がとれたり、定期健診等に通われている歯医者は、一般歯科医院と言います。一般歯科医院の中にも、小児歯科や口腔外科や訪問歯科などがあります。では、歯並び専門の矯正歯科医院とはどんな歯医者なのかご存知ですか?当院のような歯並び専門の矯正歯科医院では、虫歯の処置などの治療は行っておらず、歯の並びや噛み合わせを治す治療をするための装置を付け、装置を調整していきます。歯を直接治療する一般歯科医院と違い、矯正歯科医院は歯に付いている装置を調整して治していきます。一般歯科医院との違い、当院の歯並びの初回相談から治療までの流れ、矯正治療を始める前にしておいてほうがいいことなどお話していきます。

一般歯科と矯正歯科との違い

皆さんのお家の近くに歯科医院はありますか?〇〇歯科や〇〇デンタルクリニックなどは、一般歯科医院といい、虫歯の治療・歯周病の治療・入れ歯の調整・歯の定期健診・抜歯・インプラント治療などお口の中の治療(主に歯の治療)を行っています。歯が痛くなったり、虫歯になってしまい治療した歯の被せもの(銀歯)がとれたり、定期的に通院して歯周病のチェックなどで一度は診てもらったことがあるのではないでしょうか。このような一般歯科医院と違い、歯並びを専門として診ている矯正歯科医院は、歯の並びや噛み合わせを治療している専門の歯科医院になります。矯正歯科専門の当院では、歯並びの治療に特化しているため、歯並びの矯正治療中に出来てしまった虫歯の治療や、矯正治療を行ううえで抜歯が必要な場合は、かかりつけの一般歯科医院で治療をお願いしております。また、当院では、親知らずの抜歯は総合病院の口腔外科へ紹介させていただいております。

歯並びの相談から治療開始までの流れ

①相談

当院は、完全予約制です。初回の歯並び相談は無料で行っております。歯並びの相談のご予約をおとりしますので、HPからのWEB予約か電話でのご予約をお願いします。予約日に来院していてだき歯ならび相談申込書のご記入をお願いします。(記入していただく時間があるため予約時間の10分前にお越しください)他院からの紹介状や学校歯科健診の用紙などございましたら受付にてご提出ください。記入後、診療室からお名前をお呼びします。歯科衛生士から簡単な問診をさせていただきます。その後に医師が診察します。お口の中の写真(口腔内写真)を撮って説明に使うことがあります。カウンセリングルームにて歯並びの相談と説明をさせていただきます。費用と治療の流れなど、料金のお話もこの時にさせていただきます。相談後、矯正治療をご希望の場合は、受付にて次の精密検査と診断のご予約をお取りいたします。

②精密検査

歯列矯正治療を始める時は、まず精密検査をさせていただきます。受付にて精密検査代をお支払い後、診療室からお名前をお呼びします。当院では、小学生以上は一人で診療室に入っていただいております。付き添いの方は待合室でお待ちください。検査内容としては、前回の相談の時にお口の中の写真(口腔内写真)を撮っている場合は、お顔の写真(顔面写真)・レントゲン写真撮影(セファロ側貌 セファロ正貌 パノラマ)・口腔内印象採得(上と下の歯の歯型)・噛み合わせ(バイト)・iTeroスキャンを使ってお口の中を3Dスキャンします。相談の時に、お口の中の写真(口腔内写真)を撮っていない方、または初回の歯並び相談から精密検査までの間が一か月以上空いた方は、精密検査の時にお口の中の写真(口腔内写真)を撮らせていただきます。また、当院では、口腔内印象採得(歯型採り)を行うときは、年齢関係なく皆様に来院4時間前からお食事は控えていただいております。お水やお茶などの水分はお取りいただいても大丈夫です。

③診断

検査からおよそ一か月お日にちをいただいてから治療方針の説明の診断をさせていただきます。診断はとても大切な時間になります。精密検査の時の資料を元に医師が診断し、治療方針について具体的に説明いたします。説明をお聞きになりたい方は診断の日に一緒にご来院ください。診断の時には、治療方針の説明だけではなく、装置の説明や取り扱い方法、装置のお手入れの仕方に加え、矯正治療に伴うリスクの説明、矯正治療費などの費用の説明と当院での注意事項などお話し説明させていただきます。疑問や質問がありましたらお気軽にお申し出ください。歯列矯正治療は、症状や治療方法によって様々な装置を使って治療していきます。虫歯の治療とは異なり歯並びの治療の歯列矯正治療は治療期間も長くなります。お子様の治療や大人の方の治療でも、歯列矯正は人生で初めての治療になることが多いと思いますので分からないことは、主治医や当院スタッフまでお気軽にお声がけください。

歯列矯正治療を始める前に

中学生以上の方(特に成人の方)で、長年にわたり歯医者に行っていない、または、かかりつけの一般歯科医院で定期健診をされていない方は、歯列矯正治療を始める前に一度、虫歯や歯周病のチェック、歯の清掃をかかりつけの一般歯科医院で行ってもらうことをお勧めします。虫歯が見つかれば矯正治療を始める前(矯正の装置がつく前)に、虫歯の治療をしておく必要もあります。普段の歯磨きだけでは、歯の汚れが完全にとれていない事も多く、歯石がついている事もあります。その汚れや歯石がついている状態で矯正の治療が始まれば、歯に矯正の装置がつくことで治療前よりも歯磨きがしづらくなり、虫歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます。矯正治療が始まる前に、虫歯や歯周病の治療を終わらせておけばリスクを減らすことができます。また、歯列矯正治療中は定期的に一般歯科医院に通院していただき、虫歯や歯周病のチェック・歯の清掃などを行ってもらうと良いと思います。歯列矯正治療中に虫歯が見つかった場合は、虫歯の治療を優先しています。虫歯の治療が長引いてしまうと、矯正治療もその分長くなってしまいますので、歯列矯正治療をしている間は、いつも以上に丁寧な歯磨きで口腔ケア(歯間ブラシやデンタルフロスも使用)をお願いします。

相談から実際に装置がつくまで

初回の歯並びの相談から、精密検査・診断をし、実際にお口の中に矯正の装置が入るまでに3~4か月かかります。どの装置を使用するかによって多少日数は前後します。相談してすぐに装置の型取り(印象採得)をする場合は、型取りをしてから装置を作製しますので、型取りをしてから装置をつけるまで一か月お日にちをいただいております。矯正の装置がつく日が、大切な行事(大会や受験など)に重なる時は、その日を避けてご予約をお取りいたしますので、お気軽にスタッフにご相談ください。

2023.11.30

ブラケットが外れる原因とは?

現在、矯正治療を行っている方や過去に矯正治療を経験されている方で、ワイヤー矯正治療をされている方はブラケットが外れた経験はありますか?ブラケットはさまざまな状況で脱離してしまう可能性があります。
今回は矯正歯科治療に伴い、さまざまなトラブルやリスクがありますが、ワイヤー矯正治療で起こるブラケットの脱離の原因についてお話していきます。

ブラケットとは、ワイヤー矯正治療で使われる歯の表面に歯科用の接着剤で付ける装置です。
そして、ブラケットの真ん中の溝があり、ワイヤーを入れて歯に矯正力を加えて歯を動かしていく装置です。

ブラケットが外れる原因は、「医院側」と「患者様側」のどちらにもあります。

「医院側」の原因

①ブラケットを付ける際に、十分に防湿できていない。

ブラケットは口腔内で装着するため、唾液があると接着力が弱ってしまい、ブラケットが外れやすくなるため、十分に防湿する必要があります。

②歯の表面の酸処理が不十分

酸処理とは、歯の表面にエッチング(リン酸処理剤)を塗布し、エナメル質の表面を脱灰(歯の表面を粗造にすること)し、装置を付けるための接着剤が付きやすいようにします。
この酸処理が不十分であると、接着力が弱くなり、ブラケットや他の矯正装置が外れやすくなります。

③接着剤と歯の相性が悪い

使用しているプライマーや接着用ボンドが歯と相性が悪く、ブラケットや他の矯正装置が外れやすくなることもあります。その場合は、種類を直ちに変えることが改善につながることもあります。
プライマーを塗布した後にブラケットを装着するまでの時間が長ければ長いほどプライマーが硬化し、接着力も弱まり、ブラケットが外れやすくなることがあります。

「患者様側」の原因

①TCH・歯ぎしり・食いしばり

皆さんは、何もしていない状態でお口を閉じている時に、上下の歯が接触していませんか?
TCHとは、”Tooth Contacting Habit”の頭文字をとったものです。
意味は、“上下の歯を無意識にくっつけている癖”(歯列接触癖)のことをいいます。
TCHや歯ぎしり、食いしばりは、無意識のうちに起きてしまうことが多いです。
平常の安静時は、上下の歯は2~3㎜ほど空いているのが正常な状態であり、上下の歯が接触するのは、食事の時、会話の時だけです。TCHによって、常に上下の歯が接触している状態が長時間続くと、歯に圧力がかかり、歯を支える歯槽骨にも負担がかかってしまいます。そして、歯や歯槽骨だけでなく全身にも影響を及ぼしてしまいます。
また、歯ぎしりや食いしばりは歯や歯槽骨に伝わる力が大きく、それ以外にお口の周りの筋肉や顎の関節に大きな負担がかかってしまうこともあります。

 

 

 

 

TCHや歯ぎしり、食いしばりがあると、口腔内の状態は歯が摩耗し、しみるようになったり(知覚過敏)、歯にひび割れが進み、歯が壊れてしまうこと(歯の破折)もあります。また、歯肉や歯周組織に炎症が起こり歯周病を進行させたり、顎の関節や筋肉に力が加わることで顎関節症や咬筋の筋肉痛などが起こる可能性があります。そして、ブラケットや他の矯正装置にも影響し、外れてしまうことがあります。ブラケットが外れると、矯正力が加わらなくなり、矯正治療が長引いてしまいます。
口腔内以外でも、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまいなどを引き起こす可能性があります。

では、なぜTCHや食いしばり、歯ぎしりといった癖が起きてしまうのでしょうか?
その原因の一つとして、「ストレス」によって起こりやすいです。そのほかに、何かに集中していたり、緊張状態が続く場面でも起こりやすく、かみ合わせが悪い、運転や仕事、運動、スマホやパソコンなどの操作する時の下向く姿勢や前傾姿勢などでもTCHが引き起こりやすいです。

TCHの見分け方は?

1.舌圧痕(舌の周りに歯型が付いている)

歯ぎしりや食いしばりによって歯列に舌が圧迫され、舌がボコボコとした形に変形にした状態をいいます。舌癖によって、舌の周りに歯型が付くこともあります。

2.頬粘膜圧痕

頬粘膜圧痕も舌圧痕と同様に、食いしばりや歯ぎしりによって、頬粘膜や舌が歯列に圧迫されることでできます。頬粘膜に白い筋のような線ができます。

3.骨隆起

骨隆起は、「口蓋隆起」「歯槽隆起」「下顎隆起」があります。
骨隆起は、食いしばりや歯ぎしり、強いかみ合わせにより、顎の骨に力が加わり刺激されることによって骨がコブのように盛り上がってしまいます。口蓋隆起は、上あごの真ん中に骨の膨らみができます。歯槽隆起は、歯茎に沿って骨の膨らみができます。下顎隆起は、下あごの舌側(内側)に骨の膨らみができます。

 

 

 

 

 

TCHや歯ぎしり、食いしばりの改善方法は?

習慣を止める方法は、唇を閉じた状態で歯を離す感覚を覚えることです。「唇を閉じて、上下の歯を離し、力を抜く」ということを意識してみてください。そのほかに、日常生活で目に入る場所(冷蔵庫、洗面台、トイレなど)に貼り紙をしておくこともいいかもしれません。また、ストレスも原因の一つのため、ストレスを解消することや、歯並びを治すことも改善につながる可能性があります。

このような方法で歯の接触癖を無くすことで、ブラケットなどの矯正装置が外れる可能性が少なくなり、知覚過敏が減少し、歯の寿命も延び、また顎の関節とお口の周りの筋肉の緊張やこわばりから解放されるということが報告されています。

②食べ物

ブラケットが外れる原因として、食事中に外れることが多いです。硬い食べ物やギシギシ噛むようなもの、粘着性のある食べ物などを食べると装置が外れやすいです。

  • ・硬い食べ物
    あめ、おかき、氷、ラムネ、トウモロコシ、フランスパン、ナッツ類 等
  • ・ギシギシ噛むもの
  • カルパス、ビーフジャーキー、スルメ 等
  • ・粘着性のある食べ物
    キャラメル、チューイングガム、おもち 等

これらの食べ物は、装置が外れやすくなるもののため、うどんや豆腐のようなやわらかい食べ物やお肉でもやわらかいお肉やつくねやハンバーグなどのようにミンチのお肉を使った料理や、硬い根野菜を一口サイズに切るなどの工夫をして頂ければ装置が外れる可能性が低くなります。

③歯磨き

歯磨きでも、磨き方によってはブラケットや装置が外れることもあります。
また、歯の表面にプラークや汚れが付着していたり、虫歯ができると、ブラケットの接着力も低下していきます。

汚れが溜まりやすい場所

  • ・ブラケットや装置の周り
    ・歯と歯の間
    ・バンド周り
    ・歯と歯肉の境目

磨き方

  • ・ブラケットやワイヤーの周りは、上からゴシゴシ磨かずに、歯ブラシの毛先を歯面に沿わすように斜めから歯ブラシを当て、小刻みに動かしながら磨きましょう。

 

 

 

 

  • ・歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れが溜まりやすい歯と歯の間などの場所は、歯間ブラシやワンタフトブラシを使用して1本1本丁寧に磨きましょう。
  • ・磨くときに、力を入れすぎるとブラケットや装置が外れやすくなるため、やさしく磨いてください。
  • ・白ワイヤーの方は、研磨剤入りの歯磨き粉やかたい毛の歯ブラシで磨くと、コーティングが傷つきやすく、はがれやすくなる可能性があります。なので、研磨剤の入っていない歯磨き粉と毛のやわらかい歯ブラシを使用することをおすすめします。

④補綴物(銀歯やセラミックなどの人工歯)

銀歯やセラミックなどの補綴物は治療していない歯(天然歯)と比べて、ブラケットや矯正装置が外れやすくなります。歯科用接着剤は歯のエナメル質に接着しやすくできているため、金属やセラミックといった人工歯は歯科用接着剤との相性が悪く、ブラケットや矯正装置が外れる可能性があります。

⑤咬み合わせが深い(過蓋咬合)

歯並びによってもブラケットや矯正装置が外れやすい咬み合わせがあります。過蓋咬合という不正咬合を聞いたことはありますか?咬み合わせが深く、下の歯が上の歯に大きく隠れている状態のことをいいます。
咬み合わせが深いとブラケットや矯正装置が上の歯に接触し、干渉しやすく、ブラケットが摩耗したり、外れやすくなります。

⑥矯正装置を指や舌で触る

ブラケットや矯正装置をつい気になって触ってしまう方がいたり、無意識に癖となって触ってしまっている方もいます。指や舌で装置を触ってしまうとブラケットが外れてしまったり、ワイヤーが変形してしまう可能性があります。装置を触るのが癖になってしまっている方は、触らないよう注意していただき、意識するように心がけてください。

⑦スポーツなどでの外傷

転倒して顔面を打ってしまったり、スポーツでボールが顔面に当たった衝撃でブラケットが外れることがあります。レスリングや柔道、ラグビーなどの激しいスポーツや吹奏楽で楽器を吹くものは、特に装置が外れる可能性があるので注意してください。

これらの原因によって、ブラケットや矯正装置が外れてしまう可能性があります。
外れた場合は、再利用する場合がありますので、外れた装置は持参していただくようお願いします。
そして、外れたら再装着いたしますので、早急に医院へご連絡をお願いいたします。

2023.07.07

どちらがおすすめ?インビザラインとワイヤー矯正を徹底比較!

こんにちは。神戸市垂水区にある歯医者「ふじよし矯正歯科クリニック」です。

インビザラインとワイヤー矯正の模型を持って笑う女性

矯正治療を検討する際、インビザラインとワイヤー矯正のどちらがよいか悩む方も多いでしょう。矯正治療を選ぶ際はメリットだけでなく、デメリットや費用、治療期間など、さまざまなポイントを比較して検討することが重要です。

今回は、インビザラインとワイヤー矯正をポイントごとに比較して解説します。それぞれの治療法がどんな人におすすめかもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

インビザラインとは?

マウスピースを両手に持ってはめる女性の口元

インビザラインとは、マウスピースを使って歯並びを整える矯正治療です。120〜22時間マウスピースを装着し、12週間ごとに新しいマウスピースに交換して治療を進めます。透明なマウスピースを使用するため、矯正治療中であることを他人に気づかれることは少ないでしょう。好きなタイミングで取り外しができるため、食事や歯磨きの際も負担なく過ごせます。

インビザラインのマウスピースは、1枚で最大0.25mmしか歯を動かせません。マウスピースを何枚も交換して徐々に歯を動かす矯正治療なので、違和感や痛みが出にくいこともメリットのです。

ただし、インビザラインは患者様自身でマウスピースを管理しなければ、うまく治療が進みません。マウスピースの装着時間が20時間よりも短かったり適切な時期にマウスピースを交換していなかったりすると、理想的な歯並びにならない可能性があるのです。

また、インビザラインは、歯並びの乱れが比較的軽度な場合に適した矯正治療のため、歯並びの乱れが重度なケースや抜歯が複数本必要なケースなどには対応できないことがあります。

ワイヤー矯正とは?

ワイヤー矯正の器具を装着した女性の口元

ワイヤー矯正とは、固定式の矯正装置を使って歯並びを整える矯正治療のことです。歯の表面にブラケットとよばれる装置を接着し、ブラケットにワイヤーを通して歯に力をかけ、歯並びを整えます。

ワイヤー矯正は、矯正治療の中で最も歴史のある治療法で、歯科医院だけでなく大学病院でも行われるほど症例数が豊富です。抜歯や外科処置が必要な難症例にも対応できるため、インビザラインよりも幅広い方が治療を受けられることがメリットです。

歯の表面に矯正装置を固定するので歯の11本に力がかかりやすく、歯並び全体を大きく動かせます。効率的に矯正できるため、インビザラインよりも治療期間が短い場合もあるでしょう。

ただし、歯に強い力がかかるため、違和感や痛みが出やすいといわれています。矯正装置は取り外せないため、食事の制限や歯磨きのしづらさを感じる方が非常に多いです。

インビザラインとワイヤー矯正の比較表

?を比較する赤い服を着た女性

インビザラインとワイヤー矯正を比較して解説します。

<インビザラインとワイヤー矯正の比較>

矯正方法 インビザライン ワイヤー矯正
見た目 透明で目立たない 金属部分が目立つ
痛み 少ない 出やすい
治療期間 部分矯正:2か月~1年以内
全体矯正:2~3年
部分矯正:3か月~1年
全体矯正:2~3年
費用 部分矯正:200,000~600,000円
全体矯正:600,000~1,000,000円
部分矯正:300,000~700,000円
全体矯正:600,000~1,700,000円
適応症例 少ない 多い
食事制限 なし 一部あり
歯磨きのしやすさ しやすい しにくい

 

それぞれを詳しく解説します。

見た目

矯正治療中の見た目が気になる方には、インビザラインが適しているでしょう。

インビザラインは、薄くて透明なマウスピースを使用するため、目立つことはありません。

ワイヤー矯正の場合、歯の表面にブラケットやワイヤーを固定するため、目立ちやすいといえます。

ワイヤー矯正でも、歯の裏側に矯正装置を固定する裏側矯正や、上の歯は裏側に、下の歯は表側に矯正装置を固定するハーフリンガル矯正を選べば、ワイヤー矯正でも目立ちにくくできるでしょう。歯の表側に矯正装置を固定する表側矯正でも、セラミックなどのブラケットやホワイトワイヤーを選べば、目立ちにくくできます。目立ちにくい素材や矯正方法を選ぶと、その分費用が高くなる傾向にあるので注意が必要です。

痛み

インビザラインは、マウスピースを何枚も交換することで歯を徐々に動かすため、違和感や痛みが出にくい矯正治療といえます。使用するマウスピースは薄くて滑らかなため、お口の中を傷つける心配がなく、口内炎もできにくいでしょう。

ワイヤー矯正は、歯の11本に力をかけて、歯並び全体を一気に動かせることがメリットですが、その分、違和感や痛みが出やすいといえます。歯の表面に矯正装置を固定するため、不快感をおぼえる方や装置が擦れて口内炎ができる方もいるでしょう。

治療期間

インビザラインもワイヤー矯正も、全体矯正にかかる期間は約23年と大差はありません。

しかし、ワイヤー矯正は、インビザラインよりも歯に力をかけやすいため、治療期間が短くなる症例もあるでしょう。

インビザラインは、歯並びの乱れが軽度な場合に適した治療法です。部分矯正や歯並びの乱れが軽度な場合、ワイヤー矯正よりも治療期間が短い場合があります。通院頻度に関しては、ワイヤー矯正は歯科医師による調整が必要なため、月に一度は通院しなければいけません。インビザラインは患者様自身で治療を進めるため、2か月に一度の頻度で通院するのが一般的です。

矯正治療にかかる期間は、矯正の種類だけでなくもともとの歯並びの状態に左右されます。実際にどのくらいの期間が必要になるか知りたい場合は、歯科医師に相談しましょう。

費用

矯正治療にかかる費用は、矯正方法だけでなく、部分矯正か全体矯正かによっても異なります。

ワイヤー矯正には、表側矯正・裏側矯正・ハーフリンガル矯正の3種類があり、目立ちにくい方法を選ぶほど費用が高額になるでしょう。例えば、表側矯正の費用相場は600,0001,000,000円でインビザラインと変わりませんが、目立ちにくい裏側矯正は1,000,0001,500,000円で表側矯正の1.5倍といわれています。また、ワイヤー矯正でセラミックやジルコニアのブラケット、ホワイトワイヤーを選ぶと、その分追加で費用がかかるので注意が必要です。

ワイヤー矯正とインビザラインを比較すると、インビザラインのほうが費用が安いことがわかります。インビザラインは、歯並びの乱れが軽度な場合に適しているので治療の難易度が低い場合が多く、ワイヤー矯正よりもリーズナブルに治療ができるといえるでしょう。

ただし、インビザラインは、使用するマウスピースの枚数によって費用が変わります。マウスピースの追加や作り直しが必要になると、予定していた費用よりも高くなる可能性があるので注意しましょう。

適応症例

ワイヤー矯正は、治療実績が豊富な矯正なので、抜歯や外科処置が必要になるケースなど、難しい症例にも対応できます。インビザラインと比較すると、幅広い方が治療を受けられることがメリットです。

インビザラインは、歯を水平移動させることが苦手なため、歯並びの乱れが重度なケースや歯の移動距離が長いケースには適しません。

ただし、抜歯が必要な歯並びでも、インビザラインで治療できるケースもあります。どちらの矯正方法が適しているかは歯並びの状態によって異なるので、一度歯科医院で相談しましょう。

食事制限

インビザラインは、自分の好きなタイミングでマウスピースを取り外せます。マウスピースを取り外して食事できるため、食事制限はありません。矯正治療中でありながら、ふだんどおり食事を楽しめるでしょう。

ワイヤー矯正は、固定式の矯正装置なので、装置が外れる可能性がある食べ物を避けなければいけません。ガムやキャラメルなどの粘着性があるものは避けてください。また、繊維質の野菜やキノコ類、細い麺類などは、矯正装置に挟まりやすいため注意が必要です。

歯磨きのしやすさ

ワイヤー矯正は、矯正装置を取り外せないため、歯磨きがしづらく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。特に、歯と歯の間は歯ブラシが入りにくいため、歯間ブラシやタフトブラシを使用して磨きましょう。

マウスピースを取り外せるインビザラインは、ワイヤー矯正と比較すると歯磨きしやすいといえます。ふだんどおり歯を磨けるため、虫歯や歯周病のリスクが低く、清潔な口内を保てるでしょう。

インビザラインがおすすめの人

インビザラインを2つもってハートのようにする女性

インビザラインがおすすめの人は、以下のとおりです。

・矯正治療中の見た目が気になる人

・人前で話す機会が多い人

・通院回数を少なくしたい人

・自己管理ができる人

インビザラインは、透明なマウスピースを使用するため、矯正治療中であることが周囲に気づかれにくいです。自分の好きなタイミングでマウスピースを取り外せるため、見た目が気になる人に適しています。人前に立つ機会が多い職業や接客業に従事する人にも向いている矯正治療といえるでしょう。

インビザラインは120〜22時間マウスピースを装着し、1~2週間ごとに新しいマウスピースに交換することで治療を進めます。患者様ご自身がマウスピースを管理するため、通院回数が少ないメリットがありますが、マウスピースの装着時間や交換時期を守れなければ理想的な歯並びになりません。マウスピースをしっかりと自己管理できる人は、インビザライン矯正が向いているでしょう。

ワイヤー矯正がおすすめの人

ワイヤー矯正の装置を調整してもらう女性

ワイヤー矯正がおすすめの人は、以下のとおりです。

・歯並びの乱れが重度な人

・抜歯が必要な人

・歯科医師の判断で治療を進めてほしい人

・自己管理が苦手な人

ワイヤー矯正は、インビザラインよりも幅広い症例に対応できます。ガタガタした歯並びや出っ歯だけでなく、抜歯や外科処置が必要な難しい症例にも対応できることがメリットです。インビザラインで治療が難しい歯並びの人は、ワイヤー矯正が向いているでしょう。

ワイヤー矯正は、治療の経過を診ながら歯科医師の判断によって歯並びを整えます。インビザラインのように自分で管理する必要がないので、自己管理が苦手な人や歯科医師に任せて治療を進めたい人に適しています。

まとめ

歯科医院で鏡で自分の歯並びを確認して笑う女性

インビザラインは、透明なマウスピースを使用しているため、矯正治療を受けていることが目立たないことが最大のメリットです。好きなときに取り外せるため、食事や歯磨きをふだんどおり行えることもメリットでしょう。

しかし、マウスピースの管理ができないとうまく治療が進まない、治療できない歯並びがあるなどのデメリットが存在します。

ワイヤー矯正は、歯に矯正装置を固定して歯並びを整える方法です。11本の歯に力がかかりやすいため、重度の歯並びの乱れや抜歯が必要な症例など、幅広い方が治療を受けられます。

ただし、インビザラインと比較すると、矯正装置が目立つ、違和感や痛みが出やすいなどのデメリットがあります。

矯正方法を選ぶ際は、メリットやデメリット、必要な費用、治療にかかる期間などを比較して検討しましょう。

歯科矯正を検討されている方は、神戸市垂水区にある歯医者「ふじよし矯正歯科クリニック」にお気軽にご相談ください。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る