ふじよし矯正歯科クリニックで治療を受ける8つのポイント

1.子どもも大人もできるだけ周りに気づかれない矯正装置

1.子どもも大人もできるだけ周りに気づかれない矯正装置

子どもの矯正は、

  • 当院で使用する矯正装置のほとんどは、当院で装置を作ります。子どもでも目立たないことに配慮した装置を使って治療します。

大人の矯正では、周りに装置を付けていることに気づかれないような装置を選択することができます。

  • ①マウスピース型矯正(インビザライン)
  • ②裏側矯正
  • マウスピース型矯正では、厚みが薄く、柔らかい素材のマウスピースを使って歯を動かしますので、従来の矯正治療よりも痛みが抑えられます。またマウスピースは透明なので、装着しても目立たず、周りに気づかれません。さらに患者様ご自身で取り外せるので、食事や歯磨きも快適に行うことができます。裏側矯正は、どの歯科医院でも受けられるというものではありませんので、ご希望の方は、神戸市垂水区のふじよし矯正歯科クリニックまでお問い合わせください。

当院では、子どもも大人もできるだけ周りに気づかれない、快適に過ごせる矯正装置をご用意していますので、これまで矯正治療に対してネガティブなイメージを持たれていた方も安心してご相談下さい。

2.痛みを減らす工夫

2.痛みを減らす工夫従来のマルチブラケット治療では、金属のワイヤーをゴムや金属線を使って、ブラケットの溝に固定していました。
それがワイヤーとブラケットの摩擦が生じ、痛みの主な原因になっていたと考えられます。
近年ブラケットの改良が進み、ワイヤーをブラケットの溝に入れた後にシャッターで閉じる、あるいはキャップをかぶせることでワイヤーとの摩擦をかなり軽減できるようになりました。
そのため歯にかかる力も弱い力で済むようになり、痛みも以前より少なくなったと言われています。

またワイヤーの素材も開発が進み、ステンレス製やニッケルチタン合金製のものだけでなく、体温によって元の形に戻る形状記憶合金や「ゴムメタル」と呼ばれる新チタン合金製ものがあります。当院では積極的にこのようなブラケットやワイヤーを採用することで、矯正治療に伴う痛みの軽減に努めています。

3.矯正費用が定額(トータルフィー制度)

3.矯正費用が定額(トータルフィー制度)神戸市垂水区のふじよし矯正歯科クリニックの矯正治療では、治療開始から終了までの費用をすべて含む「トータルフィー方式(治療費定額制)」を導入しています。当院が治療上必要と判断した装置は追加料金がかかりません。また来院ごとの処置料(調整料)や観察料も含まれていますので、通常の治療においては、来院間隔や来院回数によって治療費が変動することもございません。矯正費用は分割でもお支払い頂けます。

このような料金設定を導入している理由は、皆様に安心して、歯ならびを良くすることだけに目を向けていただきたいからです。私自身も、新たに必要な治療が生じても、皆様にご提案しやすくなります。

他院で矯正治療を受けられた方の中には、「矯正基本料」はそれほど高くないからと、治療を始めたものの、治療終了後に支払った総額は相当な金額だった…そんなケースもあります。また、装置が追加されるたびに「矯正装置料」を請求され、今後、どのくらい装置が必要になるか教えてもらえない…ということもあるようです。
当クリニックでは治療開始前に費用の総額がわかりますので、不安なく、矯正治療を始めていただくことができます。

4.土日も診療

7.土日も診療平日は仕事や部活、習い事で忙しい・・、 そんなお声にお応えして土日も診療しています。 神戸市垂水区の大型ショッピングセンター「ブルメール舞多聞」にありますので、お子様の治療の間や治療後にお買い物もできます。
知識と技術の向上を目的として、講習会や学会に参加するため休診することがありますホームページの右上「予約時間・アクセス」をクリックしてご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

5.歯並び相談予約制(初回のみ無料です)

4.歯並び相談予約制(初回のみ無料です)「歯ならびのことは気にはなるんだけど、なかなか行く機会がなくて・・・」「相談したら無理にでも勧められそうで・・・」という方は多いと思います。
当院では相談された方の歯ならびについて問題点を指摘し、治療方法や期間についてご説明いたしますが、治療の強要は致しません。安心してご相談ください。ただし十分な相談時間を確保するため、予約制を採用いたしております。予約時間をお守りいただきますようご協力をお願いいたします。

6.日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

5.日本矯正歯科学会認定医による矯正治療神戸市垂水区のふじよし矯正歯科クリニックは歯列矯正の専門医院です。
院長の藤善は専門教育を受けた矯正歯科医師であり、日本矯正歯科学会認定医です。

日本矯正歯科学会の認定医になるには、

  1. 歯科医師免許を有する者。
  2. 歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者。
  3. 学会指定研修機関における矯正歯科基本研修
    (以下「基本研修」という)およびその期間を含めて、5年以上にわたり、矯正歯科臨床研修(以下「臨床研修」という)を 修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者。
  4. 学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する論文を発表した者。
  5. 学会倫理規定を遵守する者。

と学会規定により定められています。

特に歯科医師免許取得後、5年以上にわたり矯正歯科臨床研修が必要とされるのは、矯正歯科治療が他の歯科治療と違って長期的なものだからです。数日間の講習会で取得できる技術ではないということの証左ともいえます。

総合病院に勤務していた経験から申し上げると、どの診療科でも非常勤医が提供できる治療技術・治療内容は、 常勤医に比べて制約があります。
歯科業界でも、一般歯科医院で矯正医が月に1~2回程度出張診療している歯科医院があります。
医科と同様に、矯正歯科でも、非常勤医が常勤医と同じ治療は提供できません特に装置が壊れる、あたって痛いなどのトラブルに迅速に対応することは不可能です。非常勤医が結婚や開業などで辞めてしまい、次々と担当医が変わってしまう事例も耳にします。

また定められた診療日とご自身のスケジュールが合わずに、 治療が結果的に延びてしまうことがあります。小学生のうちは問題がなかったものの、 部活や受験のある中学生になってから通いにくくなったということもあります。

「費用が安いから」「取りはずしの装置だから」「虫歯も一緒に治療してくれるから」(大抵の歯科医院は、矯正治療と別の日に虫歯治療をします)
という理由で、 矯正治療を受ける歯科医院を選択することも、それぞれのお考えがあってのことと思います。
ただし「自分(あるいは自分の子ども)のことで、一生に一度のことだから専門の治療技術があるところで歯ならびを治したい」と考える方は、矯正専門開業医をお選びになることをお勧めします。

7.歯列矯正以外の治療経験も豊富

6.歯列矯正以外の治療経験も豊富私は大学病院の矯正科で、7年間矯正歯科治療の経験を積んだ後、15年間総合病院の歯科・矯正歯科・口腔外科で矯正歯科医長を務めました。
総合病院着任当初は矯正歯科治療のみ従事していましたが、矯正歯科以外では病院歯科ということもあり、様々な症状を 抱えた患者さんが来られていました。

口腔外科の先生の治療を手伝うことから始まり、最終的には一般歯科の他、矯正歯科に関わる外来での小手術(便宜抜歯、親知らずの抜歯、唇小帯・舌小帯伸展術、過剰埋伏歯抜歯、埋伏歯の開窓など)、インプラント治療、顎関節症の治療なども手掛けていました。また障がい者や終末期の患者さんの歯科治療、漢方治療も内科医指導のもとに行っていました。当院は矯正専門で開業いたしておりますが、矯正治療以外の広い知識を駆使して、あなたが受ける矯正治療の選択肢を提案できると自負しております。

8.キッズルーム完備

8.キッズルーム完備治療前のお子様がリラックスできるように、あるいは一緒に 来られた弟さんや妹さんに楽しんでいただくために、 キッズルームを完備いたしました。
当院はチェアサイドに余裕があるため、治療中もベビーカーをそばに置いていただけます。 乳児をお連れの方にも、安心して治療を受けていただいています。

土日診療 078-782-1182歯並び相談(初回無料)WEB予約メールお問い合わせ
一番上に戻る